本文へスキップ
  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ

Topics最新情報

2016 第4回陶美展入選 モザイク紋組皿

日時
5月18日(水)〜24日(火) 日本橋高島屋 6階 美術画廊

陶美展(facebook)

2016 第56回東日本伝統工芸展 入選 モザイク紋組鉢

日時
4月20日(水)〜25日(月) 日本橋三越本店 7階 新館ギャラリー
5月10日(火)〜16日(月) 盛岡川徳デパート

第56回東日本伝統工芸展

2016 第5回 創るよろこび使うよろこび展

日時
1月20日(水)〜26日(火) 最終日16:30閉場
仙台三越 本館 7階アートギャラリー

朱天目釉組皿 モザイク紋組皿 結晶釉ビア杯染付コーヒー椀 六華天目釉<ANTINOO>杯 六華天目釉モザイク紋香炉を出品いたしますので案内申し上げます。岩井 純

第5回 創るよろこび使うよろこび展

2015 第4回全国やきものフェアー in みやぎ 岩井純 作陶特別展

日時
7月16日(木)〜20日(月・祝) 夢メッセMIYAGI 本館展示場

第4回全国やきものフェア in みやぎ

2015 第3回陶美展入選

日時
5月27日(水)〜6月2日(火) 日本橋高島屋6階美術画廊

第3回陶美展

2015 第55回東日本伝統工芸展 入選

日時
4月15日(水)〜20日(日) 日本橋三越本店 7階ギャラリー

第55回東日本伝統工芸展

2014 仙台藤崎個展模様が日経アート様のホームページに掲載されました

仙台藤崎個展模様が日経アート様のホームページにアップされました。

日経アート

2014 日経アート様のパンフレット「和食が美しい器選」に掲載されました

日経アート様のパンフレット「和食が美しい器(うつわ)選」に作品が掲載されました。
是非ご覧ください

日経アート 特集記事

2014 第54回東日本伝統工芸展 入選

日時
4月16日(水)〜21日(月) 日本橋三越本店7F
5月8日(木)〜13日(火) 盛岡川徳百貨店7F

第54回東日本伝統工芸展

2014 第2回陶美展 入選

日時
5月7日〜13日(火) 日本橋高島屋6F

第2回陶美展

2013 六華天目釉《ANTINOOの世界Z》岩井 純 作陶展

御礼

「仙台藤崎」の個展も、最終日の台風26号の接近で影響を心配致しましたが、大したことがなく無事終了いたしました。
そんな中、多くの皆様にご高覧頂き厚く御礼を申し上げます。
次回に向けて、又新しい挑戦を考え始めています。



■日時:2013年10月10日(木)〜16日(水) 最終日4時半閉場
■場所:仙台藤崎本館6階 美術ギャラリー


2013 第1回陶美展にて奨励賞受賞

天目釉と結晶釉を追求してきましたが、この2つの釉薬から二重影による濃淡を作り、中心から放射線状に線刻することにより、天空を思わせる釉調を創り出しました。

2007年、イタリアのローマでの個展で、主催者のインターナショナル・アンティノー美術財団の理事長 ラウラ・モナケーシ女史から「アンティノーの星」と銘々されて以来、アンティノーシリーズとして毎年新しい作品を発表している。


第1回陶美展

2012 ReVALUE NIPPON 中田英寿氏取材来訪

中田英寿氏の思い


 彼は寡黙にして心熱き闘志を持った、ローマ時代で言えば<戦の神> であろう。
眼光に宿るその熱情が今の彼の「日本再発見」というキャッチーなフレーズで、彼独特のファン層をつかんでいる。
静かな笑顔に時折ふと横顔をかげらせて、真剣に作品に見入る姿。もの作りの私と語らいながら、創造の世界の扉を開けて訪問してくれたことに一入の感激を覚えた。器に針で放射状の線を静かに刻んでいた彼に、線は何を語りかけていたのであろうか?

 永年の彼の壮絶なサッカー人生。イタリアの人々、文化との出会いは <人間ルネッサンス>との出会いであろう。
イタリア共和国となる以前の古代悠久の流れから刺激をうけて進めている私の <ANTINOOシリーズ> に彼と共に夢をはせることが出来た。

これも2000年前の<ANTINOO>のもたらした縁と感じると実に楽しい。

Hidetoshi Nakata , who once was a professional soccer player engaged in Japanese National team , as well as one of the members of Italian team AS-ROMA, started cultural activity after the retirement.
Since 2009, he is traveling all over Japan to introduce very proud culture of Japan to local domestic people and overseas by experiencing farming, tradition,and culture.

ReVALUE NIPPON